DMOやつしろ,熊本県,八代市,観光,八代

臨済宗南禅寺派の末寺。正保3年(1646年)、熊本藩筆頭家老・松井興長が八代城に入城し、当時北の丸にあった泰勝院を宗雲寺と改めて松井家の菩提所とした。
その後、藩主・細川綱利は松井家の菩提所として古麓町に春光寺を創建させ、延宝5年(1677年)に落成。春光寺の寺号は、松井康之の法号「春光院英雲宗傑」にちなんでいる。
明治10年(1877年)、西南の役で戦場となったため、所々に弾痕が残っている。境内には俳句などの句碑が多く残っており、近年は句碑寺としても有名。

 

住所  熊本県八代市古麓町971
電話  0965-32-5557

アクセス 「新八代駅」からバス「宮地」下車

熊本県八代市古麓町971

 

関連記事

八代城跡 お堀舟巡り特設サイト

ピックアップ記事

  1. 2018-7-6

    『八代きびっとツアー~ちょっと特別な幸せ旅~ 2018夏』

    DMOやつしろでは、八代地域の魅力が詰まった”ちょっと特別な”体験プログラムを企画しました♪ 大手…
  2. 2017-3-18

    DMOやつしろのホームページが多言語化対応になりました。

    当ホームページが多言語化対応となりました。 右上のForeign Language をクリック…

旬な八代をチェック!

  1. DMOやつしろでは、八代地域の魅力が詰まった”ちょっと特別な”体験プログラムを企画しました♪ 大手…

DMOやつしろ会員

ページ上部へ戻る