カテゴリー:文化・歴史

  • 泉町釈迦院「十一面観音菩薩立像」の展示会

    この度、泉町釈迦院、㈱イオン九州、(一社)DMOやつしろの3者が連携して、「十一面観音菩薩立像」を下記の内容で展示することになりました。 この「十一面観音菩薩立像」は、江戸時代から釈迦院で安置され、多くの信者に拝め…
  • 春光寺

    臨済宗南禅寺派の末寺。正保3年(1646年)、熊本藩筆頭家老・松井興長が八代城に入城し、当時北の丸にあった泰勝院を宗雲寺と改めて松井家の菩提所とした。 その後、藩主・細川綱利は松井家の菩提所として古麓町に春光寺を創建さ…
  • 万葉の里 水島

    球磨川の河口の堤防から約50m離れた場所にある小さな島。万葉集に「奇蹟の島・水島」と歌われており、貴重な万葉史跡として知られています。その昔、この地を訪れた景行天皇が食事を取られた際に、小左という者が天地の神に祈ったら、…
  • 八代神社 妙見宮

    八代神社は妙見宮ともよばれ、上宮、中宮、下宮の三社からなり、現在の場所は下宮にあたる。延暦14年(795年)桓武天皇の勅願によって上宮が創建されて以来、永暦元年(1160年)に中宮、続いて文治2年(1186年)八代平野の…
  • 懐良親王御陵

    懐良親王(かねながしんのう)1329~1383 後醍醐天皇の十六皇子で、南朝の征西将軍宮として康永元年(1342)薩摩に上陸、南朝方の菊池、阿蘇氏らの助けによって北上し、延文6年(1361)大宰…
  • 氷室祭

    氷朔日(こおりづいたち)とも呼ばれる。 領主の無病息災を祈願して、銃魅音が深山の残雪を献上した故事により続けられている。 現在は、雪の代わりに「雪餅」を食べ、無病息災を祈願する。厄払い神事が行われる。 日時:5…
  • 釈迦院

    熊本県八代市泉町柿迫5535 天台宗の寺院。山号は金海山で、詳しくは金海山大恩教寺釈迦院と号する。 信仰すれば、長わずらいすることがないとの事で「ぽっくり寺」とも呼ばれる。 県指定の文化財である木造男女神坐像や…
  • 松浜軒

    元禄元(1688)年、八代城主松井直之が母崇芳院尼のために建造。また、玄関は唐破風・浜床の造りです。庭園内に赤女ヶ池・赤女ヶ森をそのまま取り入れ、背景は阿蘇山から宇土半島、雲仙岳という平明雄大さ。「浜の茶屋」として人々に…

八代城跡 お堀舟巡り特設サイト

ピックアップ記事

  1. 2017-3-25

    八代城址のお堀での「遊覧船」「人力車」の運行について

    八代城跡 お堀舟巡り特設サイトはこちら 八代城址の石垣や桜などを「遊覧船」や「人力車」で観覧しても…
  2. 2016-5-6

    日奈久温泉

     路地裏で文学散歩。肌にやわらかい温泉と時が緩やかに流れる町並みに身を委ねる。 日奈久ちくわや竹細…

旬な八代をチェック!

  1. 八代城跡 お堀舟巡り特設サイトはこちら 八代城址の石垣や桜などを「遊覧船」や「人力車」で観覧しても…
ページ上部へ戻る