カテゴリー:千丁・鏡で観る

  • せんちょうい草まつり

    毎年10月に、い草を育ててきた祖先をしのぶと共に、自然の恵みに感謝するお祭りである。い草製品品評会出展作品の展示やい草みこしなど「い草」に関連した催しがメイン。特に目玉である「い草みこし」は迫力満点である。 …
  • 岩崎神社(上土城跡)

    永正2年(1505)、現在の千丁町にあった上土城主の岩崎主馬忠久が領内に初めてい草を創始したことで、い草の神様として祀られている。毎年4月と10月に、岩崎忠久公に感謝するとともに、い草の豊富を願う岩崎神社大祭が開催される…
  • 女相撲(竜神社)

    安政2年(1855)に完成した二の丸新地・八代新地の築造の際、潮止め工事が難航したので周辺の村々から屈強な宮相撲衆(力士)を集め、潮止め口を踏み固めさせ、無事完成させたことがはじまりと伝えられている。以来、二の丸地区では…
  • いぐさの里公園

    市民の交流の場として整備された公園で、歴史ある樋門が保存されいる。毎年10月に開催される「いぐさの里まつり」の会場で、広々とした芝生広場に、ローラーすべり台やスプリング遊具などの施設も充実しており、休日になると家族連れで…
  • 鮒取り神事

    毎年4月7日に開催される、印鑰神社(いんにゃくじんじゃ)春季大祭の目玉行事。地元では「どろんこまつり」と呼ばれ、親しまれている。お神酒で清めた締め込み姿の若者数十名が鏡ヶ池に飛び込み、鮒や泥を見物人になげつけ、見物人は泥…
  • ふるさと愛鏡祭

    鏡文化センター周辺で開催され、ジョギングフェスティバルや畳投げ大会、四半的弓道大会、魚つかみ取り体験など様々な世代の方が楽しめる催しがたくさん行われる。また地元特産物の展示や販売、フリーマーケットなども行われる。 …
  • 大鞘樋門群・大鞘節

    鏡町は元禄年間から数多くの新地開拓によって、その面積を増やし発展してきた地区であり、大鞘樋門群(おざやひもんぐん)は、鏡町両出の字大鞘に所在し、千丁町を境に流れる大鞘川に造られた。当初は五つの樋門で構成されていたが、この…
  • 海苔人工採苗発祥之地

    海苔の人工採苗発祥之地であり、漁港に石碑が立っている。海苔は奈良時代以前から食されていたとされますが、養殖されるようになったのは江戸時代初期からといわれている。また、沿岸では潮干狩りや筆で釣るユニークな「シャク釣り」を楽…

八代城跡 お堀舟巡り特設サイト

ピックアップ記事

  1. 2017-9-14

    DMOやつしろ『きびっとツアー』情報!!

    参加者募集中のきびっとツアーをご紹介! 八代や熊本県南を楽しめるツアーが目白押しです♪ 詳しくは…
  2. 2017-3-25

    八代城址のお堀での「遊覧船」「人力車」の運行について

    八代城跡 お堀舟巡り特設サイトはこちら 八代城址の石垣や桜などを「遊覧船」や「人力車」で観覧しても…

旬な八代をチェック!

  1. 参加者募集中のきびっとツアーをご紹介! 八代や熊本県南を楽しめるツアーが目白押しです♪ 詳しくは…

DMOやつしろ会員

ページ上部へ戻る