待ちに待った外国人観光客向けの補助金がスタート!

待ちに待った「外国人観光客体験観光商品の造成・強化支援補助金」の募集が始まりました!

クルーズ船はもちろん、妙見祭・花火大会・五家荘の魅力に惹きつけられて来られた外国人観光客。。
八代は今いろんな国籍の外国人観光客が溢れています!
せっかく八代に来ていただいたから、ぜひ八代の魅力を知っていただきたいですよね!

八代市内での観光事業者はぜひ今回の補助金を活用して、
八代ならではの体験観光商品の造成・強化をしてください!


◆申請・お問合せ:(一社)DMOやつしろ
〒866-0824熊本県八代市上日置町 4772-10 JR新八代駅内
TEL:0965-31-8200
FAX:0965-32-2334
担当:梁(リョウ)、粟谷
担当者の連絡先:lia-meq@dmo8246.jp

◆申請期間:2018年11月1日ー2019年2月1日

◆補助金の金額:上限20万円(※経費の3/4以内)
◆事業実施主体:八代市内で観光客を対象に事業を営む(又は営もうとする)者(以下「観光事業者等」という)例:宿泊事業者、飲食事業者、土産品販売店等を営む者など。
◆助成対象事業:補助対象者が行う「八代ならでは」の体験観光商品・サービスの企画開発事業で、次の1から7のいずれかに該当し、かつ、今後継続的な取組みが見込まれるもの。翌年度販売開始可能な状態を条件とする。
1 産業観光・グリーンツーリズム・漁業体験など体験型の観光商品開発
2 観光ガイドによる案内を伴うガイド付きツアー等の観光商品開発
3 八代ならではの文化、食、交通等を活用した観光商品開発
4 県南地域の周遊・滞在型観光を促進する観光商品開発
5 インストラクターやガイド等の人材育成
6 宣伝ツールの作成
7 その他、代表理事が体験観光づくりに必要と認める事業

申請の流れ:
❶ 補助金の交付申請
申請書類【クリックしてダウンロード】を作成のうえ、申請窓口・(一社)DMOやつしろへ郵送または持参ください。
・交付申請書(第1号様式)、事業計画書(第1号様式の1)、事業企画書(第1号様式の2)、誓約書(第2号様式)、商業登記簿謄本or団体の規約等、見積書など。
❷ 補助金の交付決定
審査で認められたら、(一社)DMOやつしろより事業者に決定通知書(第3号様式)を通知します。
※申請の取下げについて:事業者は、第3号様式による補助金の交付決定の内容又はこれに付された条件に対して不服があり、補助金の交付申請を取り下げるときは、交付決定の通知を受けた日から 14 日以内に、その旨を記載した書面を代表理事に提出しなければならない。また、交付決定前に申請を取り下げるときも、その旨を記載した書面を代表理事に提出するものとする。
❸ 実績報告
事業者は、補助事業が完了したときは、速やかに事業完了実績報告書(第7号様式)を代表理事に提出しなければなりません(提出期限:2019年2月28日)
❹ 補助金の額の確定
実績報告に係る補助事業の成果が、補助金の交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、補助事業者へ確定通知書(第8号様式)を通知します。
❺ 補助金の支出
確定通知書を受けた事業者は、速やかに請求書(第9号様式)を提出してください。
❻ 受入対応状況の報告
事業者は補助事業の完了時期から1年後、受入対応状況報告書(第10号様式)を提出してください。

その他:
※補助事業の内容変更等について:事業を中止しようと、事業内容を変更しようとする場合、事業者は事業(変更・中止)申請書(第4号様式)を提出し、認められたら(一社)DMOやつしろより(変更・中止)承認通知書(第5号様式)を事業者に通知します。
※補助事業遅延等の報告について:補助事業が予定の期間内に完了することができないと見込まれるとき、又は補助事業の遂行が困難になったときは、事業者は速やかに補助遅延等報告書(第6号様式)を提出してください。
※詳しくは、「平成30年度外国人観光客体験観光商品の造成・強化支援補助金交付要綱要領【クリックしてダウンロード】」をご参照ください。

Translate »