標高1000m以上で生息している幻の食べ物 岩茸

イワタケ(岩茸・石茸)

イワタケ(岩茸・石茸)は、深山の岩壁に着生する地衣類の一種。東アジアの温帯に分布し、日本では山菜、生薬として利用されています。
そのイワタケが、五家荘でも生息しています。
五家荘の民宿などで食べることができます。

標高1000m以上の断崖絶壁で生息している
幻の食べ物であるイワタケが手のひらサイズになるまでは100年かかるとのこと。

おすすめ記事

  1. 食道楽 ふる家和(旧:天佑)★

  2. しょうがジャム

  3. こ~ひ~・らんち アルバトロス

  4. 梅の木轟の滝

  5. 五家荘

  6. あげたて天丼鏡店

  7. 目や歯・手足の神様と出逢える町 日奈久ふく福めぐり ~ガイドと行く路地裏ご利益めぐり~

  8. 梅の木轟公園吊橋

  9. 味仙

Translate »