八代宮★

八代宮はもともと八代城として築城された。その後、明治3年(1870)に八代城が廃城になると、地域住民の熱心な要望により、明治17年(1884)に八代宮になった。八代宮は後醍醐天皇の皇子・懐良親王を主祭神とし、後村上天皇の皇子・良成親王を併せ祀っている。
八代宮の神門の前に夫婦松と呼ばれる二本の松がある。この下をくぐると「二人は結ばれる」とか「夫婦の絆が強くなる」と地元ではいわれており、縁結びの祈願としてお参りする人も多い。

八代宮

【住所】:〒866-0862 熊本県八代市松江城町7−34
【電話】:0965-35-2448
【営業時間】
【定休日】
【web】
【アクセス】セレクトロイヤル八代から徒歩5分 〔車〕九州自動車道八代ICから八代港線経由15分 〔JR〕八代駅からバス15分八代宮前下車すぐ

おすすめ記事

  1. 球磨川第一橋梁

  2. くまなんステーション動画

  3. 中華料理 八代飯店

  4. 懐良親王御陵

  5. やつしろ舟出浮き

  6. 相撲茶屋 無双

  7. 日本料理店で気軽に体験 手毬寿司握り体験

  8. 体を癒す温泉巡り

  9. 石橋公園

Translate »