国指定史跡 八代城跡

加藤正方が、元和8年(1622)に築いた城で、城の石垣には石灰岩が用いられ、その色から白鷺城とも呼ばれた。寛永9年(1632)細川忠興が入城、さらに正保3年(1646)松井興長が入城して以来、明治3年(1870)の廃城まで松井氏の居城となった。同年に八代城は廃城となり、明治13年(1880)に八代町民の願いが叶い、南北朝時代の後醍醐天皇の皇子懐良(かねよし)親王顕彰のために本丸に八代宮を設置することになった。現在、八代城は、八代市の中心的な歴史公園として親しまれている。

国指定史跡 八代城跡

【住所】:〒866-0862 熊本県八代市松江城町7−34
【電話】0965-35-2021
【営業時間】
【定休日】
【アクセス】セレクトロイヤル八代から徒歩5分 〔車〕九州自動車道八代ICから八代港線経由15分 〔JR〕八代駅からバス15分八代宮前下車すぐ
【web】http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kankou/kiji003127/index.html

おすすめ記事

  1. 五木五家荘県立自然公園 緒方家

  2. 新中国料理 謙張

  3. 日奈久観光交流施設「日奈久ゆめ倉庫」

  4. 白岩戸公園吊橋

  5. 目の神様(日奈久)

  6. 海苔人工採苗発祥之地

  7. 旬彩 丹波

  8. 八代妙見祭

  9. 釈迦院

Translate »