国指定史跡 古麓城跡

建武元年(1344)に名和義高(なわよしたか)が八代荘の地頭に任じられ、翌年には代官として一族の内河義真(うちかわよしざね)が下向し、南北朝の争乱に備えて築城したと伝えられている。この山城は現在、古麓城跡と呼ばれていますが、当時は八代城と呼ばれていた。八代が小西行長の領地となった際に、行長が球磨川対岸の麦島に城を移したために古麓城は廃城となった。

国指定史跡 古麓城跡

【住所】:熊本県八代市古麓町上り山
【電話】
【営業時間】
【定休日】
【web】http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kankou/kiji003605/index.html

おすすめ記事

  1. 大鞘樋門群・大鞘節

  2. 八代でくまモンに出会う

  3. ふたつの「バレー」を楽しむツアー

  4. せんだん轟の吊橋

  5. 歯の神様(日奈久)

  6. 八代グランドホテル

  7. きびっとSTORE イオン八代ショッピングセンターにオープン!

  8. 日奈久駅

  9. 3333段日本一の石段(釈迦院御坂遊歩道)

Translate »