手打ち刃物・肥後つば 盛高刃物店★

(手打ち刃物)
盛高家は、寛永10(1633)年、細川三斎公に従い、八代妙見神宮の御用鍛冶としてこの地に移住。妙見宮門前町鍛冶座の司となり、刃物と刀剣を作り続けてきました。現在、経猛氏が八代移住第13代を継ぎ、農林作業用や料理用に利用される手打刃物を、火造鍛造や整形、焼き入れなど多くの過程を経て完成させています。
(肥後つば)
日本刀の鑑賞用の外装として用いられる肥後鐔。日本刀と同じ鋼材を折り返して鍛練し、タガネなどの小工具を使って鉄材に記した図柄のとおりに丁寧に彫り透かして仕上げます。材料となる鉄鋼は、日本独特の砂鉄を木炭で還元製鉄したもの。寛永10(1633)年に妙見宮門前鍛冶座の司となった盛高家が伝統を守っています。

 

手打ち刃物・肥後つば 盛高刃物店

【住所】:866-0805 熊本県八代市宮地町434
【電話】:0965-32-4643
【営業時間】:10:00~17:00
【定休日】
【web】http://moritakahamono.ocnk.net/

おすすめ記事

  1. 足手荒神(手足の神様)

  2. 白髪山天然橋

  3. 氷室祭

  4. 体を癒す温泉巡り

  5. 五家荘

  6. 中華料理 太楼

  7. 歯の神様(日奈久)

  8. 居酒屋 壱之村

  9. 本格焼肉 本町へいじょうえん

Translate »